2011年11月08日

Novo7 basic 購入

ファームウェアも入手できたので、ようやく購入することにした。

ドキドキ堂 で 9990 円(送料無料)になっていたので、ここにした。日曜日に注文して、火曜日にゲット。さすがに国内で買うと早い。

    ASCIIjp: advanceの次はBasic! 1万円強で買える7型タブレット
    AKIBA PC HOTLINE: 2011年11月12日 -新製品- Ainol Novo 7 Basic

    追記: なんだろう 今頃になって紹介されている。しかも MIPS であるということを明記してないし。
    これだと 知らずに買う人が出てきそう。

    -- 元凶は、apad 専門店か。

    追記: 『世界初のAndroid 4.0 タブレットは99ドルの NOVO7、MIPS系SoC採用

    engadget 日本語版で記事になっている。結構インパクトのある紹介の仕方だなぁ。そういえば、『1万円以下の7型Androidタブレット EKEN M001』という記事で Android に興味を持ったのだった。

    それはともかく、これで少しでも jz4770 マシンの入手性が良くなれば嬉しい。

    ところで、1080p動画 を GC860 でサポートみたいなことが書いてあるのだが ... 動画の縮小回転には使っているかも知れないが GPU は、基本無関係じゃないかと。-- いろんな機能があってややこしいが、今度動画のデコードの流れを整理してみよう。

    あと、動画 8 時間、スリープ 30 時間となっている。動画は、実際にそのあたりのはず。(8 時間も見てないから分からないが) 。スリープ 30時間というのは随分おとなしい値だ。14 mA とかレビューで見たから 中華的スペックで 300 時間の間違いではないかという気もする。

    追記2 : 『世界初のAndroid 4.0タブレットが99ドルで登場〜MIPSベースプロセッサ採用の7型

    お、PC Watch にも 記事が出た。あと、ググってみると 4.0 より 99ドルに反応している人が多い。もともと 中国内の定価 は、599元 で レートを x12.5 と見ても 7500円弱で 100ドル以下。そして、これだけが特に安いわけでもない。

    追記3: pandawill.com でも 扱っている。$129.99 だから 10400円ぐらい。( ちょっとだけ高いが 内蔵 Flash が 8GB になっている)

    ところで、Novo7 advanced は 、生産終了らしい。競合製品が多数出てきたから仕切り直すのだろうか?

ところで、入手したファームウェアの 2.2 は、update.zip の形式で、3.2 は USBbootTool の形式。
update.zip には、mbr-xboot.bin が含まれていない。

ひょっとしたら、3.2 のものが 使えない恐れが... まずは バックアップから。


      $ platform-tools/adb devices
      * daemon not running. starting it now on port 5037 *
      * daemon started successfully *
      List of devices attached
      INGENIC108A device
      $ platform-tools/adb shell
      #

    Ronzi A3 で設定してあったので、なにもせず adb で接続できた。(IQQ M1 のときもそうだったが)
    いきなり root で入れた。

    まずは、df

      # df
      /dev: 187756K total, 12K used, 187744K available (block size 4096)
      /mnt/asec: 187756K total, 0K used, 187756K available (block size 4096)
      /mnt/tmpfs: 1024K total, 104K used, 920K available (block size 4096)
      /system: 239163K total, 217596K used, 21567K available (block size 1024)
      /data: 1032088K total, 104720K used, 927368K available (block size 4096)
      /cache: 30224K total, 4124K used, 26100K available (block size 4096)
      /mnt/flash: 2489584K total, 170368K used, 2319216K available (block size 4096)
      /mnt/secure/asec: 2489584K total, 170368K used, 2319216K available (block size 4

      # busybox df
      Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
      tmpfs 187756 12 187744 0% /dev
      tmpfs 187756 0 187756 0% /mnt/asec
      none 1024 104 920 10% /mnt/tmpfs
      /dev/block/mmcblk0p1 239163 217596 21567 91% /system
      /dev/block/mmcblk0p2 1032088 104720 874940 11% /data
      /dev/block/mmcblk0p3 30224 4124 24564 14% /cache
      /dev/block/vold/179:4
      2489584 170368 2319216 7% /mnt/flash
      /dev/block/vold/179:4
      2489584 170368 2319216 7% /mnt/secure/asec

    busybox も最初から入っていて、df も出力フォーマットが違う。ただ、これじゃ容量しか分からない。

      # busybox fdisk /dev/block/mmcblk0

      Command (m for help): p

      Disk /dev/block/mmcblk0: 3972 MB, 3972005888 bytes
      1 heads, 16 sectors/track, 484864 cylinders
      Units = cylinders of 16 * 512 = 8192 bytes

      Device Boot Start End Blocks Id System
      /dev/block/mmcblk0p1 8193 40960 262144 83 Linux
      Partition 1 does not end on cylinder boundary
      /dev/block/mmcblk0p2 41089 172160 1048576 83 Linux
      Partition 2 does not end on cylinder boundary
      /dev/block/mmcblk0p3 3585 7424 30720 83 Linux
      Partition 3 does not end on cylinder boundary
      /dev/block/mmcblk0p4 173057 1048576 7004160 b Win95 FAT32
      Partition 4 does not end on cylinder boundary

      Partition table entries are not in disk order

      Command (m for help): q

    busybox には、fdisk も入っているのでパーティションを確認。

    Partition 3 (/cache) が、Partition 1 (/system) の前にあるのが特徴的で、 3.2 の mbr-xboot.bin と同じ。あとでちゃんと比較するが、たぶん大丈夫だろう。

      # busybox dd if=/dev/block/mmcblk0 of=/mnt/flash/mbr-xboot.bak bs=1024k count=64

      64+0 records in
      64+0 records out

      # mkdir /mnt/flash/apk
      # busybox cp /data/app/*.apk /mnt/flash/apk

      # cd /system
      # ls

      lib
      testsd.data
      framework
      xbin
      media
      usr
      bin
      recovery.cpio.img
      lost+found
      app
      etc
      sndtest.pcm
      fonts
      build.prop
      orientation.rle
      userdata.img
      # busybox tar cvf /mnt/flash/sytem.tar lib testsd.data framework xbin usr app etc sndtest.pcm fonts build.prop orientation.rle

      # busybox cp *.img /mnt/flash/

    とりあえず 0 から Partition 1 までの 64MB のイメージを dd で バックアップ。

    /system は、tar を使ってファイル単位にした。recovery.cpio.img , userdata.img は別にバックアップ。

    ついでに書いておくと、初期ファームウェアが入手できない Jz47xx の Android を買ってしまったら、busybox dd で、先頭から FAT32 の Start までバックアップしておくと良いと思う。万が一のときは、USBBootTool を ちょっと設定すれば 元にもどせる。サイズが分からなければ count=64 のところを 2000 にして(2GB 弱) microSD にバックアップすれば良い。

    ただし root で入れて busybox があるのが前提だが ...

たぶん使わないと思うが、とりあえずは安心できた。

さて、ちょっと 使ってみた。

  • スペックに書いてなかったが、バイブレータが入っていて、なにか押すと振動する設定になっている。
  • 言語が、中国語と英語しかない。これは、どうせ後で CFW 作ることになるので気にしない。
  • ゲームは、Angry Birds 以外に Fruit Slice と TurboFly 3D が入っていた。これは、入手した 2.2 と同じ。
  • 梱包品は、USB ケーブル以外に ACアダプタと OTG 用のアダプタ それに使えないらしい リモコン。OTG 用アダプタは、二股ケーブルになっていて USB A-Type メスと ACアダプタジャック。

    USB ケーブルだけでも充電することはできる。(ACアダプタは、高速に充電できるらしい) 。OTG 用アダプタが外部電源を使えるようになっているのは良い。こういうものがあるとは...

  • 電源 Off のときの充電アニメーションは出ない。

  • あと (ほとんど使っていないが)所感

    質感は、結構良い。が、指紋でべたべたにしてしまった。aliexpress だと 白もあるようなので、選べるなら白が良いかも知れない。

    これが 1万円なら相当安い。あんまり使えない WM8650機 でも 7000円ぐらいはするし。 MIPS であることが許容でき、自分でカスタマイズできるなら良い買い物だろう。 MIPS が嫌なら 双子機の Novo7 Advance も良いかも知れない ... のだが MIPS 中心で使っていくつもりだから 私は興味はない。

実は、V65Pro も本日到着。こちらは、送料込みで 80 ドル弱 -- 6400 円ぐらい。

    ちょっと書いておくと、ラップされた箱に 収められていて、それとは別におまけらしきものが 5点 -- AC アダプタ、巾着袋、保護フィルム、小さなスタンド と 謎の CD (中を見ていない) 。

    V65Pro は、Ronzi A3 の改良版みたいなもの。CPU が Jz4760B になって高速化し、ボリュームボタンが付いた。ボタンは全部で 5 つ -- 電源と ESC , MENU , ボリューム +,− 。あと、Ronzi A3 より軽く感じる。

    ファームウェアは、一部を Ronzi A3 でも使わせてもらっているぐらいで、調査済み。... だが実機でどう動くのかは興味があったりする。

    あ、Gセンサは入っていなかった。まぁ縦画面にする方法はなんとか確立できたから良いのだけれど。

もう少し使ってみた

  • まずは動画

    Media Player という プレインストールのプレイヤーがあるが、見栄えが良くなっていた。メニューも増えて 輝度調整やアスペクト比変更とかも出来るようになった。

    で、用意した 1080p の動画(ゲームのトレーラーで動きが激しい)を 見てみたがスムーズに再生できた。ついでに V65Pro でも見てみたら、1080p はハネられた。720p は問題なし。(もともと Jz4760B は 720p まで)

    ちなみに、Ronzi A3 は 720p もダメで 480p か 360p まで 。

      これ、Ronzi A3 や V65Pro でも使いたい。ちょっとやってみているが、再生しようとすると 『cn.ingenic.videoplayer が予期せず停止しました』となる。

      この MediaPlayer は、ingenic 社が作っているようだ。それはともかく、なにか足りないらしい。

  • パチスロゲーム

    Ronzi A3 では、ドラムがパラパラ していたので、そういうものだと思っていたのだが ... なんとドラムが回っている!。確かに周波数は 2 倍だが ... 画面は広くなっているし 劇的に違うとは思わなかった。

      自然に見えるようにドラム上下は画像を縦に潰しているようだ。そのために処理が重く、性能差が体感しやすい。

    そう言えば ... 2次キャッシュがあるのだった。普通は CPU のクロック に比例した性能向上は望めないが、このおかげで 実際に 2 倍ほどの性能差があるようだ。

  • Quadrant

    Ronzi A3 では動かなかったが、動いた。

    確かに レビューどおりで Nexus One 2.2+ と同じぐらい。Total 1280 。 CPU が 4527 でスコアをこれで稼いでいる。 Memory, IO は Nexus One 2.2+ に負けているが、3D は ちょっと勝っている。ただ、Galaxy S と比べると 3D は 6 割ぐらい。

  • xPiano

    マルチタッチに対応していた。

  • pdf

    Documents To Go が入っているのだが、結構スムーズ。数ページのものなら問題なく使えるような気がする。200 ページぐらいのデータシートも 目的のページに行ければ 使えるかも。

    Ronzi A3 では解像度も低く使える気がしなかったのだが、使えるかもという気がしてきた。ただ使い込んでみないと まともな評価はできそうにない。

  • その他

    Flash 10.1 が入っていた。あと mkntfs, ntfsck が入っているから ntfs が使えるのだろう。

      # cat /proc/filesystems

      nodev sysfs
      nodev rootfs
      nodev bdev
      nodev proc
      nodev tmpfs
      nodev sockfs
      nodev usbfs
      nodev pipefs
      nodev anon_inodefs
      nodev inotifyfs
      nodev devpts
      ext4
      nodev ramfs
      minix
      vfat
      msdos
      nodev fuse
      fuseblk
      nodev fusectl

    fuse が入っているから、たぶん。

  • 所感2

    誤作動させてしまうことが多い。画面外に 5つのボタンがあり不意に触ってしまう。あと画面外にも反応しているような ... 持つときは側面を持つことになるが .. 今度は ボリュームボタンに触ったり。

    慣れだとは思うのだが ... いままで 縁が広い 抵抗式しか使ってないから ちょっと面食らう。あと爪で押そうとしたり ..

追記: 2.2 ファームウェアを USBbootTool で書き込むには

    2.2 のファームウェアは、update.zip の形式。zip をばらしても boot.img と system.img しかない。3.2 用の書き込みツールは、7 つのファイルが必要だが これをどうするか。

    結論から言うと

    • mbr-xboot.bin Android 3.2用
    • boot.img Android 2.2 update.zip から取り出す
    • recovery.cpio.img 2.2 update.zip の system.img から取り出す
    • system.img update.zip から取り出す
    • userdata.img 2.2 update.zip の system.img から取り出す
    • cache.img Android 3.2用
    • vfat.img Android 3.2用

    こう。system.img から recovery.cpio.img , userdata.img を取り出すには Linux を使うのが普通であるが、Windows のアプリ Linux-Reader (v1.6 以上) でも問題なく取り出せる。

    これで書き込んでみたが、ちゃんと立ち上がった。立ち上がるかどうかの確認だけでなく、ファイルなども調べていて、これで問題ないことは確認できている。これでいつでも元に戻せることになったので、自分の好みに合わせた CFW を作ろうと思う。

    ついでに マップ

    0x00000000 +------------------------+
    | mbr |
    0x00000200 +------------------------+
    | xboot | max 3MB - 512
    0x00300000 +------------------------+
    | boot.img | max 9MB
    0x00C00000 +------------------------+
    | recovery.img | max 14 MB
    0x01A00000 +------------------------+
    : :
    (partiton 3)| cache.bin | 32 MB
    : : (6 MB)
    : :
    0x04000000 +------------------------+
    : :
    (partiton 1)| system.img | 256 MB
    : : (1 MB)
    0x14100000 +------------------------+
    : :
    (partiton 2)| userdata.img | 512 MB
    : : (7 MB)
    0x34800000 +------------------------+
    : :
    : :
    (partiton 4)| vfat.bin | xxxx MB
    : :
    : :
    0x???00000 +------------------------+

    これは、2.2 / 3.2 で共通。(確認済み)。 Ronzi A3 / V65Pro と比べると /data の領域は 512MB で同じだが、無駄な領域を詰めて vfat の領域を増やしている。

    vfat.bin の領域のサイズは、最後までの 3GB + α。

CFW の作成方針

結構手持ちのマシンが増えてきて ややこしくなってきたので、できるだけ同じ環境にしようと思っている。当然ターゲットは、2.2 。まずは、最低限入れるアプリから。

  • ファイラー FileBrowser.apk (V65から)and/or ASTRO_3.0_218.apk (n7b から)
  • 動画 MediaPlayer.apk(system, n7b から, 旧ファイル名 SeeJoPlayer.apk)
  • pdf DocumentsToGo_V3.004.apk (n7b から)
  • ランチャー Zeam_Launcher_v315.apk (マーケットから)
  • ゲーム AngryBirds_2011-03-14_1.5.3_MIPS.apk(全部同じ)
  • ゲーム Fruit_Slice_V1.3.3.apk (n7b から)
  • ゲーム turbofly3d_4_V1.21.apk (n7b のみ)

  • 日本語入力 nicoWnnG-2011.0823.2-mips.apk
  • ツール Advanced_Task_Killer.apk (IQQ M1 から)
  • ツール AndroidOptimizerEn_207.apk (IQQ M1から) → ヤメ
  • 小物ツール RotatingScreen.apk , myVolume.apk , QuickRotationChange.apk

  • マーケットなどのシステムアプリ (osakana 氏 20111024 版から)
  • Flash Player 10.1 (n7b から)
  • Dalvik Turbo VM (全部に入れる)

当面これに 収束させていく。

    システム以外のアプリについて基本は、ファームウェアに入っていたアプリから選ぶ。ただ、Ronzi A3/V65Pro で 縦画面にするには、Zeam_Launcher + RotatingScreen が必要なのでこれは入れる。

    ファイラー は、ASTRO_3.0_218.apk (n7b から)が良さそう。横画面でツールバーが横に出てくれて 上下方向を圧迫しない。あと、テキストエディタのような小物が入るようだ。

    Android Optimizer (Optimize Tool Box) は、スタートアップで起動されて、しかも Novo7 の環境で ときどき落ちる。具合が悪いので使わない方向で。

    Advanced_Task_Killer は、Novo7 に Pro が入っているが、M1 に入っていたものにする。

    MediaPlayer.apk は、A3/V65Pro では再生できない。ライブラリのコピーが必要なのかも知れない。なんとか動かしたいものだ。

ちなみに A3 は、アプリだけでなくて 他も V65Pro に合わせていく。 まず framework は V65Pro のものをコピーして使うことに決めた。

とりあえず作った CFW が動いて、Dalvik Turbo VM ありでの Quadrant ベンチマークが出来た。


    Total: 1270 CPU: 4377 Mem: 816 I/O: 431 2D: 201 3D: 527 (normal)
    Total: 1570 CPU: 4838 Mem: 769 I/O: 1489 2D: 201 3D: 553 (Dalvik Turbo)

    (normal) は、レビュー記事の結果を転記。自分でもやって見たが同じような結果だった(記録は残していない)。不思議なことに CPUの伸びは 1割ぐらいなのに I/O が伸びた。2 回やって同じような結果だったから、そうなる理由はちゃんとあるのだろう。

    ちなみに、Ronzi A3 では、Dalvik Turbo VM ありで分かる体感的な性能向上は、アプリの起動。2-3 割だと思うが明らかに待ち時間が短くなっている。あり/なし の 2 台を並べてチェックもしたから間違いない。

    ひょっとしたらこの違いの主な理由は、I/O かも。

    あと、MoreLocale2 を入れたら日本語に設定できた。適当なものだが、問題がなさそうなら 作り方とか整理しようと思う。

AnTuTu bench

    Quadrant 以外にも 有名なベンチマークがあることを知ったので試してみたら、Ronzi A3 でも動いた。ようやく 60(B) と、どれぐらいの差があるのか数字で見ることができる。


    Ronzi A3 V65Pro Novo7 basic
    RAM: 84 93 195
    CPU integer: 243 275 517
    CPU float-point: 95 117 203
    2D graphics: 196 220 299
    3D graphics: 52 58 440
    Database IO: 40 75 245
    SD card write: (2.4MB/s) 24 (3.6MB/s) 36 (7.9MB/s) 79
    SD card read: (6.7MB/s) 67 (7.1MB/s) 71 (13.4MB/s)134

    Total score: 801 945 2112

    全部 Dalvik Turbo VM あり。SD card は、V65Pro と Novo7 basic が同じ。

    結果は、しょぼいものだが ... 一応 Novo7 basic は Nexus One に割りと近いし 全然違うわけでもなさそう。

    さて、CPU 性能。なんかクロックに比例しているような値。Ronzi A3 はちょっとの差で 720p が再生できないのか。2 倍の差があれば 1080p が表示できるのも妥当なところか。あと、2D は差が小さいが 3D は全然違う。2D は、画面サイズの違いも影響しているのだろう。

    I/O は、novo7 以外 妙に遅い。ひょっとしたら DMA 使えてないかも。

    RAM の性能差が大きいのも不思議。チップの数は A3/V65Pro の 2 個に対して Novo7 は 4個だが、アクセスのビット幅は 同じような気がする。

    あと絶対値については、Ingenic の メモリコントローラはしょぼいような気がする。だいたいバンクが上位アドレスに割り当てられていて インターリーブしていない。Jz4755 までしか見ていないが、バースト転送も 1 キャッシュラインを一気に読み書きできたかどうか...

    まぁ結果はしょぼいが、これでもちゃんと動画は再生できるし、きびきび動いている。ただ、A3/V65Pro の IO が 弱いのはちょっと問題か。 たぶん改善の余地があるんじゃないかと思う。RAM は厳しいだろう。できるとしたら オーバークロックぐらい?

    ちなみに、メモリクロックやCPUクロックの設定は、ブートローダが行う。カーネルはその設定を変更しない。カーネルでの CPU クロックの変更は、省電力のために 1/2 , 1/3 ... にすることぐらい ... だがそれすらも 組み込まれていない。

    ブートローダのソースコードが手に入ったことで、オーバークロックの実験ができるかも。

MediaPlayer の調査(1)

    MediaPlayer は、V65Pro に無理やり入れると、立ち上がりはするのだが、動画を見ようとするとエラーになる。

    一体なにが足りないのか? ダメもとでちょっと調べてみる。

    # ps | busybox grep video
    app_38 573 80 130288 18944 ffffffff 7ee0fd74 S cn.ingenic.videoplayer

    まずは、画面が出たところで、こんな風にすると 1 つのプロセスになっているのが分かる。


    # cd /data
    # cat /proc/80/maps > p
    # cat /proc/573/maps > s1
    # busybox diff p s1

    まずは、mmap しているものを親プロセスと比べてみる。

    ここまでは動くわけで、問題ないのではあるが、興味本位。

      /dev/pmem

      /system/framework/core.jar
      /system/framework/ext.jar
      /system/framework/framework.jar

    沢山出るが、興味を引いたのはこういうもの。動画は、フレームバッファをアクセスするのに、 /dev/pmem (物理メモリ?) を mmap している。

      /system/lib/hw/gralloc.npm701.so

    メモリの割り当てを管理しているのは、たぶんこれ。

    あと、/system/framework/ のいくつかの jar ファイルを新たに mmap している。


    # cat /proc/573/maps > s2
    # busybox diff s1 s2


    さて動画を再生して何が変わったか、チェック。

      /system/lib/libstagefright_foundation.so
      /system/lib/libjzipu.so
      /system/lib/libstagefright_x264enc.so
      /system/lib/libstagefright.so
      /system/lib/libstagefright_color_conversion.so
      /system/lib/libstagefright_avc_common.so
      /system/lib/libstagefright_amrnb_common.so
      /system/lib/libmedia_jni.so
      /system/lib/libvorbisidec.so

    これらのファイルのうち足りないものがあるのかも知れない。ファイル名やパスが変わっているだけだったり、機種に依存しないものが足りないだけならなんとかなるが、お手上げになる可能性も高そうだ。

    ちょっと /system/lib で関係ありそうなものを 比較してみた。

      Novo7:
      libmedia.so
      libmedia_jni.so

      libstagefright.so
      libstagefright_amrnb_common.so
      libstagefright_avc_common.so
      libstagefright_color_conversion.so
      libstagefright_foundation.so
      libstagefright_omx.so
      libstagefright_vffmpegdec.so
      libstagefright_x264enc.so
      libstagefrighthw.so

      libvorbisidec.so
      libjzipu.so

      Ronji A3:
      libmedia.so
      libmedia_jni.so

      libstagefright.so
      libstagefright_amrnb_common.so
      libstagefright_avc_common.so
      libstagefright_color_conversion.so
      libstagefright_omx.so

      libomx_aacdec_sharedlibrary.so
      libomx_affmpegdec_sharedlibrary.so
      libomx_amrdec_sharedlibrary.so
      libomx_amrenc_sharedlibrary.so
      libomx_avcdec_sharedlibrary.so
      libomx_avcenc_sharedlibrary.so
      libomx_m4vdec_sharedlibrary.so
      libomx_m4venc_sharedlibrary.so
      libomx_mp3dec_sharedlibrary.so
      libomx_sharedlibrary.so
      libomx_vffmpegdec_sharedlibrary.so

      libopencore_author.so
      libopencore_common.so
      libopencore_download.so
      libopencore_downloadreg.so
      libopencore_mp4local.so
      libopencore_mp4localreg.so
      libopencore_mpfflocal.so
      libopencore_mpfflocalreg.so
      libopencore_net_support.so
      libopencore_player.so
      libopencore_rtsp.so
      libopencore_rtspreg.so

      libvorbisidec.so
      libjzipu.so

    libstagefright って何だろう?
    ちなみに、jzipu.so は、IPU という Jz47xx の機能を制御しているところで、入れ替えるとまずそう。

    あと libopencore , libomx というのが見当たらない。

    libmedia , libmedia_jni.so と
    これだけそっくり入れ替えれば良さそうな気もするが ... どうなのだろう?


      $ strings libmedia_jni.so |grep stage
      libstagefright.so
      media.stagefright.enable-scan

      $ strings libmediaplayerservice.so |grep stage
      libstagefright.so
      libstagefright_omx.so
      libstagefright_color_conversion.so
      media.stagefright.enable-http
      media.stagefright.enable-vorbis
      media.stagefright.enable-player
      media.stagefright.enable-meta

    どうも libmediaplayerservice.so が使っているみたいだ。.. が libstagefright_x264enc.so を直接はリンクしていない。

    libstagefright* を入れ替えてみて、だめなら libmedia* も入れ替える方針でやってみよう。
    ついでに etc/*.bin も あやしい。

      Novo7:
      etc/h264_cavlc_p1.bin
      etc/rv9_p1.bin
      etc/vc1_p1.bin
      etc/h264_p1.bin
      etc/x264_p1.bin
      etc/mpeg4_p1.bin

      A3/V65Pro:
      etc/jz4760_bin/h264_cavlc_p1.bin
      etc/jz4760_bin/h264_p1.bin
      etc/jz4760_bin/rv_p1.bin
      etc/jz4760_bin/vc1_p1.bin
      etc/jz4760_bin/xvid_p1.bin

      etc/jz4760b_bin/h264_cavlc_p1.bin
      etc/jz4760b_bin/h264_p1.bin
      etc/jz4760b_bin/mpeg4_p1.bin
      etc/jz4760b_bin/rv9_p1.bin
      etc/jz4760b_bin/rv_p1.bin
      etc/jz4760b_bin/vc1_p1.bin
      etc/jz4760b_bin/xvid_p1.bin

    こういう関係だから .. libstagefright* を入れ替えるなら、ファイルを移動しないといけなさそう。

    追記: ちょっとやってみたが、ダメだった。 libmedia* も入れ替えたのがダメなのかも知れない。

    ちなみに、V65Pro では、etc/jz4760_bin/* を削除しても問題なかった。lib/4760b に ライブラリがあるが、同名の lib 直下のファイルも削除しても大丈夫のはず(未確認)

ed を使う

    ちょっと、build.prop を変更したくなったので、編集してみた。

      # mount -w -o remount /dev/block/mmcblk0p1 /system

      # busybox ed /system/build.prop

      "/system/build.prop", 64 lines, 1832 chars
      : $p

      dalvik.vm.heapsize=24m
      : s/24m/48m/p

      dalvik.vm.heapsize=48m
      : $p

      dalvik.vm.heapsize=48m
      : w

      "/system/build.prop", 64 lines, 1832 chars
      : q
      Really quit? y
      # reboot

    vi 使いだから ed を使うのに苦労はしないのだが ... ed を使ったのは一体何年ぶり何回目だろう

Novo7 advance との違い

    CPU は、まったく違うわけだが ... 筐体はまったく同じだし、周辺装置も同じ。価格はいまでこそ 3000円ぐらいの開きがあるが、以前は 1000 円ぐらいしか違わなかった。

      液晶もまったく同じものだろう。画素が長方形なのも同じ。

      ちなみに、basic の HDMI 出力は、720p / 1080p の 50 Hz/60 Hz が選べる。advance はどうか知らないが、液晶との同時出力可能らしいし、似た様なものだろう。

      USB otg 機能も両者付いている。

    メモリも同じ 512MB だし CPU の周波数も 両方 1GHz 。AnTuTu bench だと basic の方が若干劣るようだが似た様なもの。

      追記 : advance 2995 vs basic 2112 で全然違った -- SD Card という 外部依存の要素はあるにしても -- 思ったより差があった。
      ここに いろいろベンチマークの結果が出ているのだが、Quadrant Advance のスコアだと

      Wopad A7: 1537 CPU: 4471, Mem: 1495, I/O: 688, 2D: 232, 3D: 798
      novo7 basic: 1270 CPU: 4377, Mem: 816, I/O: 431, 2D: 201, 3D: 527

      こういう差になっている。(advance は詳細が出ていなかったので 同じ A10 のデータを採用)

    スリープでのバッテリーの持ちは、basic の方が若干良いらしい。動作可能時間も 8 時間ぐらいで似た様なもののはず。

    動画再生機能は、圧倒的に advance の方が良いらしい。ただし、basic でも 1080p は問題ない。

    CPU は、MIPS と ARM でまったく違う。basic で動かないアプリは多数ある。

    ー これでは、一般のひとに basic を勧める ネタがない。

    あえて言うなら basic は、 文鎮化しないのだが、advance のことはよく知らない。advance でも ファームウェアが壊れてもインストールできる機能を持っている可能性はある。

      ここに advance の ファームウェア書き換えのガイドがあった。

      これも USB から 書き換えるようだ。この機能がブートローダに入っていたりすると、やっぱり 文鎮化のリスクがある。ブートローダが SPI Flash など 別のチップにあれば リスクが随分減るが ... 一体どういう仕組みだろう?

    あと起動時間。basic は 30秒を切った。advance も まぁ 同じぐらいかも知れないが。

    起動時の ロゴは 3 種類。最初はブートローダが表示している。次にカーネル。最後の アニメーションは Android 。最初のロゴが出てから 25 秒ぐらい。アニメーションが出ている時間が かなり短い。

    ところで V65Pro は、48 秒ぐらい。アニメーションが出ている時間が半分ぐらい占める。

追記: Allwinner A10 機が続々出てきた

    EKEN も 2 機種

    http://www.eken.com/t01a/
    http://www.eken.com/t10a/

    最近は、同一筐体で 2 機種出してくるのが、流行りのようだ。

    • Allwinner A10 採用と 別 CPU とか。
    • Allwinner A10 だが 抵抗式/静電式とか。

    もうひとつの CPU だとか、 抵抗式のタッチパネルとか 単なる当て馬という気もする。

    さて、EKEN も 当て馬 2 機種がある。

    http://www.eken.com/t01f/
    http://www.eken.com/t10f/

    F とつけば、CPU は TMIC 1GHz と書いてあるんだが、CPU は何だろう?

MIPS では動かないアプリは多いのか?

    MIPS では動かないアプリを作るには、NDK を使う必要がある。数で言えば SDK だけを使ったものがほとんどであり、全体の割合では多くはない。

    ただ、わざわざ NDK を使うのには理由があるわけで、本格的なアプリでは動かないものの割合が増える。

    ー 基本的には、ライトなアプリは動くかんじ。

    といっても、具体的に何が動かないのか? 実は良く分からない。マーケットには NDK のアプリは出てこない ... のだが、NDK だから出てこないのか 別の理由で出てこないのかは、出てこない以上分からないのだ。そして、実際に MIPS のマシンから マーケットにつなげないと、出てこないというのが分からない。MIPS マシンを買ってしまった後でないと分からないのだ。

    マーケットというのは、ナカナカ難儀なシステムだ。なにかパラメータを入れることで、マーケットからダウンロードできるかどうか分かるサイトはないのだろうか?
posted by すz at 20:47| Comment(4) | TrackBack(0) | Jz47xx
この記事へのコメント
novo7 basic、私も買ったんですけど、3.2するとマーケットつないだりするときにエラー出ません?
Posted by basic at 2011年11月09日 15:55
本日2.2に戻したけどやっぱりエラー出ましたww
Posted by basic at 2011年11月10日 12:09
osakanataro 氏の記事
http://blog.osakana.net/archives/1212
これを参考にして 入れ替えようと思っています。今でっちあげたのは、Gmail,Market も込みで、なんとなく動いていますが、いくつか変なところが。

自分用に作った CFW で良ければ、 アップロードしても良いですが 手直ししたいので、もう少し時間がかかります。
Posted by すz at 2011年11月10日 17:55
novo7 basic購入しました。
パスを通す時に、
$ platform-tools/adb devices
* daemon not running. starting it now on port 5037 *
* daemon started successfully *
List of devices attached
のみ表示され、なぜか下記のような
(INGENIC108A) device
device番号が表示されません。
そのため、apkファイルを転送する際、
デバイスが見つかりませんとなります。
もし原因などお分かりであれば、
教えていただけますか?
Posted by at 2011年12月24日 17:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50058903
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック