2018年12月22日

Nanopi M4 用ボード

記事が2つになってしまったので、しきりなおし。

Nanopi M4 を買ったわけだが、アドオンボードというか HAT ? を作ろうとした。余白に思いついたボードもつけ加えた。

M4_PWR_SATA_v12s.png

一回というか、2回発注したのだが、暇だといじってしまって現状はこうなってる。(未発注)

M4-PWR-SATA

    左側のボードは、HAT で、12V → 5V (5A !) の電源回路 と 電圧・電流モニタ。それに PCIe SATA x2 , USB 2.0 x2。
    ASM1061 を採用し、カン!で回路を起こした。・・・というのはあながち嘘ではない。実際は、データーシートの説明と、他のボードを眺めて回路を決めている。動くかどうかは分からない。
    ファームウェアは入手済み。一応 3.70 を添付。ROM データを GPIO から SPI-FLASH に書けば良いはず。

DP-SATA

    右のボードは、JMS567 を採用した USB3.0 - SATA ブリッジ。普通のボードと違うのは、USB3.0 のコネクタには、Super Speed の配線しかせず、USB2.0 は、別のコネクタに配線している点。Dual Port 化が出来るんじゃないかと考えて 設計してみたもの。もちろん、動くかどうかは分からない。
    ファームウェアは update tool を入手。PC と接続すれば書き込めるはず。

概要説明 おわり。続きを読む
posted by すz at 19:22| Comment(1) | TrackBack(0) | SBC

2018年12月15日

JMS578/JMS567 USB3-SATAブリッジ

JMS578/JMS567 という USB3-SATAブリッジチップがある。USBディスクなんかでよく採用されてて有名なもの。まともなデーターシートなど入手できないが、回路図はあるのである。続きを読む
posted by すz at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月07日

Nanopi M4 購入

RK3399 のボードを買おうかとずっと思っていたのだが、Nanopi M4 にした。

基本的には、ビルドしたりするだけのサーバマシンの用途。CPU が高速でメモリが多いものを希望していた。
I/O は、GbE は必須として、ストレージ。native SATA が良いことは良いのだが、USB 3.0 なら別に問題ないだろうと。そう割り切ると Nanopi M4 は、HUB 内蔵で 4 ポートも使えるので魅力的。

また、Nanopi M4 は、専用ヒートシンクがでかい。RK3399 にはヒートシンク必須だと思うが、自分であれこれするのも面倒だし、かなり魅力的に思える。

決め手になったのが、Black Friday セール。ギリギリになって気が付いた −− 日本では既に土曜日。深く考えずにポチってしまった。

一応お安かったようである。4GB + ヒートシンクで $86.98 + 送料 $7 。今の値段は $101.99 + 送料。

(続く) 
続きを読む
posted by すz at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記